迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » 男女共通 尿漏れ・尿失禁の種類と原因 » 代表的な尿漏れの種類

代表的な尿漏れの種類

このページでは、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、溢流性(いつりゅうせい)尿失禁、機能性尿失禁、混合性などの尿漏れ・尿失禁の種類や症状について紹介します。

尿失禁の種類

尿失禁(尿漏れ)は、自らの意思とは関係なく、尿が漏れてしまう状態をいいますが、 大きくわけると4つの種類があります。

腹圧性尿失禁
重い荷物を持ち上げたり、急に立ち上がったり、急な階段を上ったりして、突然腹圧が高くなると起こりやすいです。また、大笑いしたり、くしゃみや咳をした時にも起こります。
尿道括約筋が緩んだり、膀胱を支える骨盤底筋という筋肉が緩んだりすることが原因で腹圧が高くなり、尿漏れが起こるもので、女性、特に中高年の女性に多いです。
尿道括約筋の緩みは、手術などで尿道が傷ついたり、神経に損傷があると起こり、骨盤底筋の緩みは、骨盤内にある前立腺や子宮を手術したり、妊娠・出産、更年期障害などの加齢によって起こることが多いです。
子供のおねしょのように睡眠中に尿漏れすることはなく、突然の切迫した尿意によって、トイレが間に合わず尿漏れしてしまうケースが多いです。
切迫性尿失禁
突然の尿意でトイレに行こうとしても、我慢できずに尿漏れしてしまうという症状で、尿の量が多いのが特徴です。
少しでも膀胱に尿がたまると尿意を感じ、夜中に何度も目が覚めてしまいます。男女ともに高齢者に多く見られます。
脊髄を傷める病気や、痴呆症や脳卒中などの脳の病気により神経回路に障害が生じると、排尿コントロールできなくなったり、高齢で上手く尿コントロールできなくなることが原因といわれています。
溢流性尿失禁
いつでも膀胱いっぱいに尿が溜まっている状態になり、腎臓は新しい尿を作りつづけるため尿が少しずつあふれてしまう尿漏れで、女性よりも男性に多いです。
放置すると腎臓機能が低下し、尿路感染症などの感染症にかかることもあります。
原因は高齢男性に多い前立腺肥大症や尿道狭窄などの病気で、尿漏れ以外に排尿障害があるのが特徴です。
女性でも糖尿病で膀胱が収縮したり、尿道狭窄によって尿漏れが起きる事があります。
排尿障害の原因である病気を治療することで改善します。
機能性尿失禁
泌尿器(膀胱や尿道)は正常なのに、身体機能や精神障害によって生じてしまう尿漏れです。
老人性認知症で正しい判断が出来ず居間やベッドで用足ししたり、腰椎や関節リューマチなどの身体機能障害で運動能力が低下し、トイレに行けずに尿を漏らしてしまうなどの症状があります。
混合性尿失禁
複数の尿失禁症状が関係する尿失禁で、最も一般的な症状は高齢女性に多い腹圧性失禁と切迫性失禁の混合型失禁です。
閉経前後の更年期女性に多く、骨盤底がゆるんで尿道機能などが低下することが原因で失禁症状が出るとされ、我慢できずに漏らしてしまったり、頻繁に尿意を感じて尿漏れしたりという腹圧性失禁と切迫性失禁の2つの症状が現れます。
女性の尿失禁全体の20%を占め、最も多い腹圧性尿失禁、次に多い切迫性尿失禁についで多い尿失禁です。

尿失禁のケア製品について

治療に関しては病院に行かなくてはならないのはもちろんですが、日常生活での不便や悩みは、尿漏れパンツや尿漏れパッドなど、対策製品を使ってケアすることができます。

高齢者の尿漏れに関しては、介護に便利な使い捨ての大人用おむつや尿漏れパッドが使われることが多いのですが、人によっては「こんなものを使わなければいけないほど年を取った」と、落ち込んでしまう原因になります。まだ若い人の尿漏れや、高齢者でも自立して動ける人ならば、見た目には普通の下着と変わらない尿漏れパンツの使用がおすすめです。

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。