迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » 男女共通 尿漏れ・尿失禁の種類と原因 » 加齢による尿漏れ

加齢による尿漏れ

このページでは、加齢による肉体の衰えと、尿漏れ・尿失禁の関係について解説し、生活の質を保つためのポイントを調べています。

高齢者に多い「機能性尿失禁」とは

機能性尿失禁とは、排泄をコントロールする脳や神経系統膀胱、尿道などの排尿機能は正常ですが、心身障害などによってトイレで排尿できずに漏らしてしまうという高齢者に多い尿失禁です。

高齢になると個人差はあるものの、身体のあちこちが弱まってくるので失禁しやすくなります。

機能性尿失禁の原因は以下の3つが考えられます。

運動機能の低下
骨折、リウマチ、脳卒中などの後遺症で運動機能が低下し、手足が自由に動かなかったり、痛み、震え、力が出ないなどで排尿の動作が上手くできなくなる。
認知症などで判断力が低下
排尿のタイミングがわからなくなったり、どこで排尿すればいいのかわからなくなったりする。
尿道、膀胱、腎臓など排尿にかかわる臓器の衰え
腎臓の機能が衰えることによって尿が夜間に多くつくられたり、尿道、膀胱の筋肉が弱くなって尿をためにくくなり、尿漏れする。

機能性尿失禁の対処法

ケアの専門家や医師と相談し、生活習慣や環境を見直して、排泄しやすくしてあげるようにすることが重要です。

トイレの介助

排尿する時間を把握し、その間隔に合わせて、高齢者をトイレに誘導する解除が必要です。

生活習慣や環境を見直す

  1. 寝室や生活する部屋をトイレの近くにする
  2. ポータブルトイレを使う
  3. トイレに手すりをつけたり、和式から洋式トイレに帰る
  4. おむつや尿漏れパンツを使う

社会性・自立性を保つ尿漏れパンツ

たとえ認知症であっても、大人としての自覚はあることが多く、おむつを使うことでショックを感じ、生きる意欲がなくなってしまい、症状が進行してしまうこともあります。

最近では、おむつのかわりに尿漏れパンツを使うケースが増えていますが、尿漏れパンツなら見た目は普通のパンツと変わらないので、高齢者の尊厳を守って、社会性・自立性を保つことができます。

QOLも医療の一環

高齢者の尿失禁という問題は昔からあったのですが、あまり重要視されていませんでした。

それは、医療というのは生命を助けるためのものであるということが第一とされてきたからです。

しかし、最近ではQOL(生活の質:Quolity of life)も医療の一環とされ、これまで十分な処置をされていなかった尿漏れについても解決することが必要であると考えられるようになってきています。

尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツと呼ばれる製品も、使う人の心のケアに大切な役割を担っていると言えるでしょう。

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。