迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » 男女共通 尿漏れ・尿失禁の種類と原因 » 病気が原因の尿漏れ

病気が原因の尿漏れ

前立腺がん・前立腺炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎など、病気が原因となる尿漏れについて解説し、病院での治療と並行してできる日常のケアについて調べています。

膀胱炎、尿道炎など細菌感染が原因の尿漏れ

尿漏れは、老化で筋力が衰えることによってだんだん起こる場合と、突然頻尿になって起こる場合があります。後者の突然頻尿になって起こる尿漏れの場合は、膀胱や尿道が細菌に感染している可能性が高いです。

以下に、尿漏れの原因になることが多い、細菌感染症を挙げます。

膀胱炎

膀胱炎は男性よりも女性の方がなりやすいです。

男性の尿道は15cm~25cmあり2箇所で曲がっていますが、女性の尿道は3~4cmでまっすぐに伸びています。

女性の場合、尿道と肛門の距離が近いために肛門から大腸菌などの細菌が尿道から膀胱に入りやすく、膀胱炎にかかりやすいのです。

排便後に肛門側から拭く人は膀胱炎にかかりやすいので注意しましょう。

膀胱炎は膀胱内で細菌が大量に発生して膀胱内粘膜が炎症することで起こり、頻尿以外に下腹部に痛みを感じることもあります。

大腸菌は誰でも体内に持っていますが、尿が洗い流すので普段は問題ありません。 しかし、排尿を長時間我慢して膀胱に尿が溜まると、尿道内で細菌が増殖し、膀胱炎を起こしてしまいます。 普通は治療に抗生物質を服用しますが、軽傷の膀胱炎の場合、大量に水分をとって、膀胱に繁殖した細菌を尿と一緒に排出すれば治る場合があります。

尿道炎

尿道炎はウイルスや細菌、真菌などで尿道が炎症することで起こり、男性よりも尿道と肛門の距離が近い女性の方がなりやすいです。

女性の尿道炎患者の大半が膀胱炎を併発しますが、男性の尿道炎患者ではほとんどありません。

前立腺炎、前立腺がん手術後の尿漏れなど病気が原因の尿漏れ

病気やその治療の後遺症として起こる尿漏れもあります。多くの場合、原因の病気が完治すれば尿漏れも治りますが、快復後も尿失禁が残る場合もありますので、油断せずに医師に相談しましょう。

前立腺炎

30~40歳代といった若い男性に多い前立腺の中で炎症が起きる病気で、長時間のデスクワーク、長時間乗り物で移動する、長時間の自動車運転、自転車、バイクなど、前立腺の刺激が原因で起こります。

頻尿、残尿感、尿の勢いが弱い、尿漏れ、排尿痛などの排尿症状の他に、下腹部、足の付け根、会陰部の痛み、睾丸の鈍痛や不快感。陰のうの痒みなどの症状があり、勃起障害(ED)の原因になることもあります。

前立腺肥大症

前立腺肥大症は男性特有の病気で頻尿の原因として良く知られています。

中高年男性に多く、加齢により男性ホルモンのバランスが崩れることが原因と考えられています。

前立腺は膀胱から尿道の周りにあり精液を作っています。ホルモンバランスが崩れて、前立腺が肥大すると、尿道や膀胱が圧迫されるので尿が出にくくなります。

症状としては、尿意を感じても前立腺が尿道を圧迫しているので少ししか排尿されず、尿の切れが悪くなって尿漏れを起こします。

前立腺肥大症が進行すると尿道が完全に詰まってしまうこともあります。 無理に尿を出そうとすると、頻尿や尿漏れ症状が悪化するので、なるべく早く医師の診察を受けるようにしましょう。

前立腺がん

前立腺がんの手術では、前立腺を摘出して膀胱と尿道をつなぎあわせますが、排尿をコントロールする尿道括約筋を損傷することがあり、手術後に尿漏れをおこしやすくなる場合があります。

また、手術後約1~2週間後に、つなぎ合わせた部位に入れた管を抜きますが、その後1週間くらい尿漏れが起きます。

これは手術後2~3か月で回復し、日常生活の支障はなくなります。

病後の排尿ケアについて

病気による尿漏れに対しては紙おむつや尿漏れパッドを使うのが一般的でしたが、最近では見た目がほとんど普通のパンツと変わらない尿漏れパンツを使用する人が増えています。

使い捨ての紙おむつやパッドは、医療や介護の現場では便利なものですが、日常生活の中では使いたくないという人も多くいます。

昔はおむつしか選択肢がありませんでしたが、最近の尿漏れパンツは吸水性が高く尿のニオイも抑えることができるので、着用して普通の社会生活を送りたい・自立性を保ちたいという方に最適です。

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。