迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » 日常でできる 尿漏れ・尿失禁を改善する対策 » 膀胱訓練

膀胱訓練

このページでは、尿失禁を気に病むあまりトイレに行く回数が増えてしまい、ますます我慢ができなくなるという悪循環を断ち切りたい人のために膀胱訓練の方法を説明します。

膀胱訓練で尿漏れ対策

突然襲ってくる尿意や尿漏れを気にしすぎてしまい、尿があまりたまっていないのにトイレに行ってしまうという癖がつくと、膀胱が過敏になったり縮小したりして、沢山尿を貯蔵できなくなってしまうことがあります。

そうなると、ますます悪化してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

この症状を改善するには、膀胱の能力をもとに戻すために膀胱に尿を貯蔵する訓練(膀胱訓練)を行うと効果的です。

膀胱訓練の方法

尿意を我慢する練習をします。まず短い時間我慢することから始め、少しずつ我慢する時間を延ばしていきます。膀胱訓練は1日1回でも十分効果があります。

できるだけリラックスできる環境で行うほうが効果的なので、最初は自宅のトイレで始めましょう。

膀胱訓練を行うときは腹式呼吸でリラックスして行いましょう。 骨盤底筋体操も一緒に行うとより効果的です。

  • トイレを1回だけ我慢する。
  • トイレを5分我慢することを1週間続ける。尿意を感じるたびに我慢するのではなく、1日のうちで時間を決めて我慢しても良い。
  • トイレを我慢する時間を10分、15分と、だんだん延ばす。
  • 2~3時間我慢できるようになったら訓練終了。

排尿日誌をつけましょう

膀胱訓練と一緒に排尿した時間、尿の量などを記録する排尿日誌をつけることをお勧めします。

尿意が頻繁に起こる時間帯に訓練するなど計画がしやすくなりますし、訓練成果も良くわかるのでやる気が出ます。

膀胱訓練をしないほうがいい場合

膀胱訓練は頻尿や過活動膀胱による尿意切迫感には効果がありますが、前立腺肥大症や感染症などが原因の尿漏れや頻尿の場合、症状を悪化させてしまう可能性があるので膀胱訓練はしないようにしてください。

前立腺肥大症や感染症の場合は、早めに医師の診察を受け、医師の指導に従って適切な処置をおこなうようにしましょう。

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。