迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » 日常でできる 尿漏れ・尿失禁を改善する対策

日常でできる 尿漏れ・尿失禁を改善する対策

このコーナーでは、日常でできる尿漏れ・尿失禁を改善する対策として骨盤底筋体操、膀胱訓練を紹介しています。

骨盤底筋体操

骨盤底筋は骨盤の底にある筋肉であり、子宮、膀胱など、内臓を支える役目を持っています。

骨盤底筋は、膀胱・尿道などの排尿に関係する器官とも関わりの深い筋肉なので、加齢や運動不足などの原因で筋肉が弱くなってゆるんでくると、尿道を締める力も弱くなってしまうために尿漏れ・尿失禁が起きてしまいます。

このページでは、いつでもどこでも手軽にできる骨盤提琴体操を紹介しています。弱くなった骨盤底筋を鍛えて筋力をつけることにより、内臓の下垂を防いで尿漏れを改善することができます。

道具もいらず、一人でできる体操ですので、どうぞ気軽に始めて下さい。

骨盤底筋体操

膀胱訓練

突然襲ってくる尿意や尿漏れを気にしすぎると、尿があまりたまっていないのにトイレに行ってしまうという癖が付いてしまう人が多いようです。

しかし、尿があまり溜まっていないのにトイレに行く習慣が付いてしまうと、逆に膀胱が過敏になったり縮小したりしてしまい、尿を適切な分量まで溜めるという膀胱本来の機能が弱くなってしまいます。

そうなると、ますます頻尿になるという悪循環です。

この症状を改善するには、膀胱の能力をもとに戻すために膀胱に尿を貯蔵する訓練(膀胱訓練)を行うのが効果的です。

このページでは、膀胱訓練の方法について説明しています。

しかし、前立腺肥大症や感染症などが原因の尿漏れや頻尿の場合、尿を溜めることで症状を悪化させてしまう可能性があるので、膀胱訓練はしないようにしてください。

膀胱訓練

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。