迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » ひとりで悩みがち 男性特有の尿漏れ » 高齢男性の尿漏れ

高齢男性の尿漏れ

このページでは、加齢・老化が原因となる高齢男性の尿失禁について解説しています。高齢者に多い失禁タイプのほか、前立腺がんの手術の後遺症についても調べています。

高齢男性の尿漏れの原因と種類

年をとれば、身体のあちこちが衰えてくるのは自然なことですが、尿失禁・尿漏れもそのひとつです。

尿漏れの種類には「腹圧性尿失禁 」「切迫性尿失禁」「いつ流性尿失禁」「機能性尿失禁」の4つのタイプがありますが、高齢の男性の場合はこれらのタイプが複合していることが多いです。

腹圧性尿失禁
大笑い、咳やくしゃみ、運動などによって腹圧がかかったことが原因で起こる尿失禁で、骨盤底筋や下腹部を支える筋肉の力が緩んだり、尿道括約筋の力が弱くなったりしたために起こります。
切迫性尿失禁
突然、尿意を感じ、我慢出来ずに漏らしてしまう尿失禁で、膀胱自体に問題があったり、膀胱をコントロールしている神経や脳に異常があることが原因で起こります。
いつ流性尿失禁
膀胱に尿がいっぱいになって尿が溢れてしまう状態の尿失禁で、手術の後遺症の神経障害が原因で起こります。
機能性尿失禁
認知症でトイレの場所や尿意を感知できなかったり、骨折などでトイレに行けないことが原因で起こる尿失禁です。

前立腺がん手術後の尿漏れ

前立腺は、膀胱の下にある胡桃くらいの大きさの男性だけにある器官で、真ん中を尿道が通っています。

前立腺がんは高齢者に多い病気ですが、前立腺がんの手術後には排尿障害、頻尿、尿漏れ、尿失禁などが後遺症として起こりやすいです。

前立腺を全摘した場合、排尿時に尿道をコントロールする尿道括約筋を損傷する可能性があり、損傷すると尿道が閉められなくなるため、尿漏れが起きてしまいます。

尿漏れが起きても、ほとんどの場合1年以内に改善されますが、いつまでも排尿障害に悩まされるケースも稀にあります。

高齢男性の尿漏れ対策は家族の協力も大切

尿漏れとは本人の意志と関係なく尿を漏らしてしまうことですが、高齢者とくに男性の場合は、漏らしてしまったという事実にショックを受け、自尊心が傷つけられてしまうことがとても多いです。

そのため、心のケアも大事で、周りの人々が気を付けて配慮してあげることも重要です。

加齢による尿漏れは、いずれ誰にでも起こることなのですが、恥ずかしさから人知れず1人悩んでいたり、病院に行ったりしようとしない方も多いです。

尿漏れは治療すれば治ることもあるので、家族から声をかけてあげることも重要です。

尿漏れが気になって外出を控えたり、内向的になってしまう方もいますが、最近では、性能が良く、見た目は普通のパンツとわからない失禁パンツなども販売されているので、是非利用することを勧めてあげましょう。

また、高齢者の家族は、使い捨てできる尿漏れパッドや大人用紙おむつなどを選びがちですが、本人の尊厳や自立性・社会性を考えて、一見普通の下着にしか見えない尿漏れパンツを選んでみてはどうでしょうか

尿漏れを認めたがらないお年寄りの下着を、そっと尿漏れパンツに替えることも悪くないのではないでしょうか?

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。