迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » ひとりで悩みがち 男性特有の尿漏れ » 中高年男性の尿漏れ

中高年男性の尿漏れ

このページでは、中高年になると増えてくる男性の前立腺肥大・前立腺炎などの病気と尿漏れの関係について調べて、尿漏れ対策についても調査しています。

男性の尿漏れは前立腺肥大・前立腺炎がなどが原因

前立腺とは、膀胱の下にあるくるみくらいの大きさの臓器で、真ん中を尿道が通っています。 前立腺は精子に栄養を与える前立腺液を分泌する、男性だけの持つ臓器です。

この前立腺が病気によって腫れると、尿道がせまくなってしまい尿漏れの原因となります。

前立腺肥大とは?

前立腺肥大とは、中高年になると増えてくる男性の病気です。

前立腺は年齢とともにだんだん肥大するのですが、これは男性に自然に起こる老化現象です。 前立腺が肥大することで尿道を圧迫し、尿が出にくくなります

さらに肥大が進行すると完全に尿が出なくなってしまうこともあり、これはとても危険な状態です。

前立腺肥大は軽い症状なら薬で改善できますが、重度の場合、手術をして内部を削り取る必要があります。

若い男性にも増えている前立腺炎

前立腺内に炎症が生じる前立腺炎には、前立腺に細菌がつくことで起きる細菌性前立腺炎と、細菌ではなく尿道を圧迫したりすることで起きる非細菌性前立腺炎がありますが、非細菌性前立腺炎にかかる人のほうが多いです。

前立腺炎の症状には、 頻尿、尿の出が悪いが弱い、残尿感、尿漏れ、排尿痛、尿道違和感などの「排尿症状」や、足の付け根、下腹部、会陰部の痛みなどの「腹部症状」のほか、睾丸の痛み、陰のうのかゆみ、勃起障害などがあります。

30-40 歳代の若い男性にも多い病気で、熱などは出ず、症状も軽いことが多いために前立腺炎だと気付かずに過ごしていることもあります。

長い時間座りっぱなしでいたり(車の運転、乗り物での移動、自動車の運転や、座り仕事など)、自転車やバイクでの運転など、前立腺を刺激することが多い場合に起こりますが、ストレスや疲労、飲酒なども原因となります。

抗生物質や漢方薬などで治療し、だいたい2~4週間で完治しますが、数か月かかることもあります。

また、再発を繰り返す場合もあるので、長時間のデスクワーク、自動車の運転時には2時間おきくらいに立ち上がること、自転車やバイクにはなるべく乗らないことなど日常生活に注意することが重要です。

日常生活での尿漏れ対策には尿漏れパンツがおすすめです

尿漏れに対する対策として尿漏れパッドは良く知られていますが、男性の場合は、トイレの個室にパッドを捨てるゴミ箱がなかったり、トイレにポーチを持って入るのが恥ずかしいなどの理由で、使い始めるのに抵抗のある人が多いようです。

最近では人前で着替えても、他の人には尿漏れ対策製品だと気付かれにくい、すっきりとしたデザインの尿漏れパンツを使う方が増えています。

若向けのデザインとしてはボクサータイプやトランクスタイプもあり、普通のパンツと見分けがつかないため、旅行で温泉に行ったり、スポーツジムなどでの着替えの時でも安心です。

尿漏れに悩む方は、是非使ってみてはいかがでしょうか?

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。