迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » おむつ? パッド? 尿漏れ対策グッズの選び方 » 昔はこれしかなかった 大人用おむつ

昔はこれしかなかった 大人用おむつ

このページでは、高齢者の尿漏れ対策グッズとして知られている大人用おむつについて解説すると同時に、最近その代わりとして注目されている尿漏れパッドや尿漏れパンツについても説明します。

高齢者の尿漏れ対策グッズは大人用おむつだけじゃない

高齢者の尿漏れ対策と言えば、今でもおむつと思っている方がとても多いです。確かにかつては大人でも布おむつしかなかったので、それも仕方ないことかもしれません。

布おむつから紙おむつへ

大人用の紙おむつは昭和30年代後半に登場し、15~20枚の紙を重ねて外側には防水紙を使用したもので、布おむつと同じくおむつカバーと一緒に使用しました。

しかし、限られた病院でのみ使われ、あいかわらず布おむつを使う状況が続いていました。

昭和58年(1983年)、乳幼児用紙おむつと同じ構造で、腰にある左右のテープを止め、おむつカバーなしで使用できる大人用のテープ型紙おむつが発売され、使いやすさの点から病院だけでなく、在宅でおむつを使っていた方も積極的に使うようになりました。

翌年には高分子吸水材を使った製品が開発され、排尿の量が多い大人でも1枚の紙で1回分の排尿が吸収できるようになったのです。

パンツ型の大人用紙おむつ

平成6年(1994年)になるとパンツ型の大人用紙おむつ製品が販売され、普通のパンツのように自分で着用できるので高齢者の尊厳や社会性・自立性を保つことができるようになりました。

経済的で簡単な尿漏れパッド

最近では、普通のパンツにして尿を吸収する尿漏れパッドを使う方が増えてきています。

尿の吸収力は紙おむつと同等なので、経済的であり、紙おむつ交換より簡単で、介護の労力が軽くできるというメリットもあります。

身体の状態に合わせて対策グッズを選びましょう

オムツは主に自立性を失った寝たきりの人のためのものであり、動ける人の場合はパッドや尿漏れパンツを使うことにより、普通に快適な日常生活を送ることができるのです。紙おむつ、尿漏れパッド、尿漏れパンツは、体の状態に会わせて使い分けましょう。

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。