迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » あなただけじゃない 女性特有の尿漏れ » 女性に尿漏れが多い理由

女性に尿漏れが多い理由

男性よりも女性の方が尿漏れに悩む人数が多く、また若いうちから尿失禁が起こりやすいのはなぜか。その原因と理由を調べています。

女性に尿漏れが多いのはなぜ?

尿漏れや尿失禁は、自分の意志とは関係なく尿が漏れてしまうことで、恥ずかしいので誰にも相談できなかったり、自分だけ尿漏れするのでは?と思っている方が多いです。

しかし、若い方から中高年の方までの幅広い年代の女性の多くが尿漏れに悩み、40歳以上になると半数以上の方が尿漏れ経験者という報告もあるくらいなのです。

男性より女性に尿漏れが多いのは、その身体構造にも原因があります。

排尿の仕組み

尿は腎臓で作られて尿管を通り膀胱に溜められます。その後、尿道から体外に排泄されます。

1日の排尿量は大体1000から2000mlですが、250から300mlの尿が膀胱に溜まると膀胱が広がり、それが脳に伝わって尿意がおこります。しかし、尿意が起きたからといって、どこにでも排尿できるわけではありません。

尿道周囲には尿道口を閉じている外尿道括約筋内尿道括約筋という筋肉があります。 内尿道括約筋は無意識に尿道口を閉じ、外尿道筋は意識的に尿道口を閉じることができるので、これらの筋肉が排尿コントロールをしています。

用足しのためにトイレに行くと、脳から排尿OKという命令が出て、これらの筋肉がゆるみ、膀胱が収縮して尿が排泄されます。

女性のほうが男性より尿漏れしやすい

女性の尿道の長さは4~5cmでまっすぐ、男性の尿道の長さは20~25cmで曲がっています。

そのため、女性は肛門からの大腸菌などの細菌が尿道へ入り込みやすく、膀胱の粘膜に炎症が起きて頻尿になる膀胱炎にかかりやすいです。

また、子宮、尿道、膀胱を支える骨盤底筋群仙骨子宮靭帯恥骨尿道靭帯などの靭帯が、もともと男性に比べると弱いのですが、出産や妊娠を経てさらに弱くなって緩み、膀胱や尿道の位置がお尻の方にずれてしまい、尿道をうまく閉めることができなくなって尿失禁を起こしやすくなります。

ひとりで悩まないで!今は良い対策があります

普通の病気と違って、本人の受け止め方にも個人差があり、病気だと思って、すぐに病院に行く方もいれば、少しくらい尿漏れしても、あまり気にしないという方もいます。

しかし、尿漏れするからと仕事を辞め、スポーツや外出もしなくなるくらい悩んでいる方も中にはいらっしゃいます。

尿失禁や尿漏れは女性には珍しい病気ではありません、もし悩んでいる場合は恥ずかしがらずに泌尿器科の診察を受けましょう。

最近は色々な治療法があるので、ほとんどの尿失禁は治すことができます。

また、尿漏れ対策には、普通のパンツと見た目がかわらない尿漏れパンツ・失禁ショーツがありますので、ぜひ利用することをお勧めします。

旅行で温泉に行ったり、スポーツの着替えの時など、人に見られても分かることはないので、安心して人付き合いが楽しめます。

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。