迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » あなただけじゃない 女性特有の尿漏れ » 妊娠・出産がきっかけの尿漏れ

妊娠・出産がきっかけの尿漏れ

このページでは、妊娠中や産後に起こる女性の一時的な尿漏れについて解説し、骨盤底筋の強化、失禁ショーツや尿漏れパッドの使用についても紹介しています。

妊娠中の尿漏れや頻尿の理由

女性の場合、妊娠すると出産に向けて骨盤主周囲の筋肉を緩ませるホルモンが分泌されるので骨盤が開き、子宮や膀胱を支えている骨盤底筋などの筋肉が緩んでくるので尿漏れを起こしやすくなりますし、もともと女性は尿道が短いので、子宮が大きくなっていくにつれて圧迫されて尿もれしやすくなります。

また、子宮に圧迫されて尿をたくさん溜められなくなるため、頻尿にもなります。

産後に尿失禁が起こるのはなぜ?

骨盤の底には子宮、膀胱、直腸などの臓器を支える筋肉と繊維からできている骨盤底がありますが、分娩時にはこの骨盤底に大きな負担がかかるため、筋肉が緩んで尿道の締まりもゆるくなってしまうため、産後に失禁しがちな人が多いのです。

また、分娩により神経組織が損傷して尿道や膀胱の知覚障害が起こり、尿もれ、尿意を感じない、排尿できないなどの症状が出ることもあります。

これらの症状は骨盤底が回復すれば自然に治るので心配することはありません。

ガードルはNG

かつては産後すぐにガードルを着用し、お腹を締めることが推奨されていましたが、実はガードルは膀胱や子宮を下げてしまうので骨盤底の筋肉に負担をかけてしまい、尿漏れが長引くことになってしまいます。

産後は少なくとも4週間以上ガードルを着用しないようにし、またお腹のたるみを回復させる腹筋運動もやめたほうがよいでしょう。

骨盤トレーニングで尿漏れ対策

自然に尿漏れが治ると知っていても、できれば早く治したいですよね。尿漏れから早く回復するには骨盤底を早く回復させる必要があります。

基本の骨盤トレーニング

骨盤底の筋肉を鍛えて尿もれを改善します。会陰の痛みが治まったらトレーニングを始めても大丈夫です。

1日2回で1回10分ずつ、毎日行いましょう。

  1. 仰向けになって足を肩幅くらいに開き、両膝を軽く曲げて立てる。
  2. そのまま1分間に15秒くらい骨盤底を締める(尿道、肛門、膣全体を締め、陰部全体を引き上げる)。
  3. 力を抜いてリラックスさせる。
  4. 10回繰り返す。

椅子に座った骨盤トレーニング

  1. 肩の力は抜いて椅子にもたれて深く腰かける。
  2. 基本トレーニングと同じく1分間に15秒くらい骨盤底を締める。
  3. 力を抜いてリラックスさせる。
  4. 10回繰り返す。
 

失禁ショーツや尿漏れパッドも活用しましょう

尿漏れの心配があると、安心して外出も出来ませんよね。そのため妊娠中は尿もれパッドや尿漏れパンツで対策する妊婦さんが多いです。

妊娠中は尿もれだけでなくおりものも増えるので、尿モレとおりもの共用のおりものシートやパンティライナーを使うのも良いでしょう。肌がデリケートな人の場合は、使い捨ての尿モレパッドやおりものシートよりも、布製の失禁ショーツの方がおすすめです。

ちゃんと対策すれば、普段通りに快適に過ごすことができますので、是非使ってみてくださいね。

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。