迷わず選べる 初めての尿漏れパンツ・失禁パンツ・失禁ショーツ入門 » あなただけじゃない 女性特有の尿漏れ » 更年期と加齢による尿漏れ

更年期と加齢による尿漏れ

女性ホルモンの変化と尿漏れの関係、子宮下垂・子宮脱、性器脱など、更年期と加齢による体の変化が引き起こす尿漏れ・尿失禁について調べました。

加齢にともに増える女性の尿失禁

腹圧性尿失禁は、おなかに力が加わると膀胱が圧迫されて尿道が閉じられないことで起こる失禁です。

女性は40代になるとこの症状に悩む人が増え、更年期の50歳前後にはもっと増えてきます。

原因は加齢による筋力低下、子宮・膀胱・尿道を支える骨盤底の緩みで、90%以上が出産経験者とされます。

骨盤底は分娩時に大きなダメージを受けていますが、経産婦でも若い頃ならば目に見える影響は感じません。しかし、加齢とともに、過去の出産によるダメージの影響が出てくるのです。

加齢は蓄尿や排尿機能をコントロールする神経系にも影響をもたらし、尿もれなどのトラブルは年齢を重ねるとともに増えてきます。

突然起こる尿意でトイレが間に合わなくなる切迫性尿失禁に悩む女性も、この年代頃から多くなります。

女性ホルモンの変化が尿道の機能を衰えさせる

更年期から閉経時期には女性ホルモンの分泌が減少し、女性の身体は大きく変化します。

卵胞ホルモンのエストロゲン分泌が減少するので、尿道や膣の血液量が減り新陳代謝も衰えます。

閉経を迎えると尿道や膣に雑菌が増えて炎症しやすくなりますし、コラーゲンが減少することで骨盤底も弱くなります。

このような変化によって尿道機能も上手く機能しなくなり、尿もれや頻尿を起こすようになります。

更年期は精神的にも不安定になるので、ストレス性の尿漏れになる方もいます。

性器脱・子宮下垂・子宮脱が原因の尿漏れ

子宮や内臓を支える骨盤底が弱くなって子宮が下がることが原因で、膣入り口から子宮や膣壁が出ている状態を性器脱といい、子宮が出ている状態を子宮脱といい、尿もれや排尿困難になることがあります。

性器脱の女性はとても多いのですが、95%以上は出産経験者です。骨盤底筋肉や線維組織を分娩時に損傷したことが原因となっています。

更年期女性の尿漏れ対策

骨盤底を強くする

性器脱・子宮下垂・子宮脱が原因の場合、骨盤底を安定させるために筋肉を強くする必要があります。

軽い症状なら骨盤底トレーニングをすることで進行をおさえることができますが、子宮が外に出ている状態の場合は手術などが必要となります。

尿もれパッドや失禁ショーツを使う

尿漏れによる下着の汚れを防ぐために、最近では失禁れショーツや尿漏れパッドを使う方が増えています。

尿もれパッドは普通の下着に心配なときだけ装着すれば良いので手軽ですが、中高年になると肌が敏感になり、かぶれやかゆみなどを感じる人も多いようです。

布製で肌への負担が少ない失禁ショーツ・尿漏れパンツは、最近では見た目も普通のパンツと変わらないものが増えており、旅行先の温泉などで人に見られても安心です。

自分に合ったものを上手に利用して、快適に過ごしたいものですね。

このサイトは個人が調べた内容をもとに作っています。
記載の尿漏れパンツ製品の価格や詳細の最新情報は、製造販売元の公式サイトで確認してください。
また、尿漏れに関する情報に関しても、詳しくは専門書籍等をご参照ください。